着物の次世代への引継ぎと買取

私は一人娘で、今現在両親健在です。
主人の両親も健在です。4年前に私の母方の祖母が亡くなりました。

さらにその半年前には祖母の近所に住む親戚も亡くなりました。
私の祖母、近所の親戚の家からはたくさんの着物が出てきました。
私の祖母は普段から着物を着て過ごす方でした。
その祖母が亡くなって数年経った時、引っ越しをすることになり家の中の物を整理していました。
祖母が亡くなった時に大量の着物が出てきたのですが、今すぐに処分はできないということで大切にしまってあった着物をついに処分することになりました。
その着物は4~50はあり、捨てる気にはなれず、思い出の着物なので売ることにも迷っていました。

もちろん古着に違いは無いので処分してしまえば良いのですが、それはもったいない!なぜなら着物買取専門店に買取してもらえば相応の値段になるからです!
捨てるはずだった着物は0円の価値しかありませんが、着物買取専門店に売れば数万円単位になります。
出典:信頼できるオススメの着物買取専門店を紹介 / 着物高額買取ランキングナビ

昔の人は着物生活。親戚は高い着物を買ったり、財産として持っておくのがステータスの時代です。
もちろん中には知り合いのノルマで頼まれて買ったものもありました。
しかし、大島やしぼりなど昔ではそれぞれ100万円したのだと聞かされていた着物が1回も袖を通さぬまま大事に保管されていました。
全て、母が受け継ぎました。一方主人の方の母は、元美容師で着物の着付けができ、職業柄やはりたくさんの着物を持っています。

また、主人の嫁にとお金を貯めてかっておいた高価な着物もありました。
それぞれが70歳を過ぎ、いはゆる終活の準備をしています。
そんな中、私にも着物が何枚か渡されました。
その他は買取に回したそうです。

思い出あっても着られない着物なので買い取ってもらえるだけでも仕方無いと二束三文で売りました。
一方、私は着付けができないので、着る機会さえないかもしれません。
収納する箪笥さえありません。
着物は日本の和の心を写す出すものなのに、こんなにももらう時は難しいものなのかと考えさせられました。
きっと高価で、物を大事にしたいと言う日本人の心も邪魔をするのかもしれません。
もっと、着付けがあちこち習えると着物もオリンピックを前にして普及するのにと思います。
そうすれば、買取りに出して、別の着物を…など、洋服同様着物への抵抗感が減ると思います。

また、その話を何気なく友達にしてみると、その友達の知り合いに着なくなった着物で小物を作って販売している方がいるということを聞き、話の流れで着物を買いたいという連絡がありました。
その方に着物を生地代として買っていただきました。
実際に小物として手元に残ることで、売ってしまった罪悪感も薄れ、さらに祖母を思い出す着物でかわいい小物を作っていただいたことによってとても幸せな気分になりました。
さらにうれしかったことは、その小物を祖母の形見の着物だとわかったうえで買ってくれる方が多くいるという連絡を受けた時でした。いい形で残せてよかったです。

不用品は、捨てる前に買取査定してもらいましょう。

家の掃除や整理をしたとき、新しい電化製品や家具を購入したときなどに、もう使わない不用品が出ることがありますよね。
もうこんなものは使わないし、古いし、捨ててしまおうと思う前に、不用品の買取をまずは検討してみることをお勧めします。
どうせあとは捨てるだけもの。粗大ごみにするとお金がかかる場合もあります。

それが、たとえ10円でも、お金になったら嬉しいと思いませんか?
買取というと、高級ブランド品だけではありません。
家の中の不用品が意外な値段で買い取ってもらえる場合もあるんです。
最近はリサイクルショップもたくさんあります。
ネットで送料無料で引き取ってくれるショップもあります。
実際私も、これはどうかな?と思うようなものも、引き取ってもらえて嬉しかった経験があります。
使わなくなったスキー板やブーツ、子供が遊びあきたオモチャ、着なくなった洋服。
本など。金額はそれほどでなくても、売れるとうれしいものです。

しかも次の誰かの役にたつのであれば、なおさら。
案外、家の中は宝の山かもしれませんよ。

本棚整理に買取は便利

私はよく本を買い取ってもらいます。
お部屋に本棚はあるのですが結構、毎月本や雑誌、漫画などを購入するので定期的に整理しないと、すぐにパンパンになってしまいます。
整理して、不要になった本などはに買取業者さんを利用します。

近頃は店頭だけでなく、ネットでも買取業者さんがたくさんあるのでどこが一番高値で引き取ってくれるのかなど、色々検討してから、決めています。
広告やネットの紹介などでクーポンやポイントが付いたりするのでその辺も見逃せません。

また、家まで宅配業者さんが来てくれるのも楽な点です。
査定まで1週間くらいはかかったりしますがそこまで急いでいない人なら、余裕だと思います。振込みなどの対応も早いのも安心な点です。

一方、店頭での買い取りもよく利用します。
やはり、査定が早く、その場ですぐに現金化してくれるメリットはネットには敵いません。
そのようにどちらも便利なので必要に応じて、利用しています。
買い取ってもらえれば、お部屋もすっきりするので気分も良いです。

ブランド品は高値で買取されます

かなり古い状態のヴィトンのバッグを買取してもらったことがあります。
皮の部分などはボロボロでした。
しかし、あるリサイクルショップの店頭で、ヴィトンの古い製品がたくさん並べられているのを見た時に、これなら自分が持っているヴィトンのバッグも買取してもらえそうだと思ったのでした。そして、夫とも相談して、その店に持ち込んでみることにしました。

持ち込む前に、夫が皮製品用のクリームを使って、皮の部分をみがいてくれました。
少しはきれいに見えるようになったと思いました。
そして、思い切って、そのリサイクルショップに持ち込んでみました。
ドキドキしながら査定を待っていたことを覚えています。
そして、結果は、5000円という買取価格を提示されたのでした。

もちろん、その価格には納得し、買取してもらいました。
かなり古くて状態も悪いものだったんですが、ブランド品は高値で買取されることがよくわかりました。
また、古くても欲しがる人が多いこともよくわかったのでした。

捨てた方が安く済みそうでした

ネットで買取査定に出していたミニコンポでしたが、出した翌日には速攻で買取拒否のメ一ルが来てがっかりでした。
2006年に購入したものなので、普通に考えてみれば拒否されそうだから、査定を頼むの止めとこうとなるはずですが、ほとんど傷も無いし見た目も綺麗なんで問題ないかと思っていたのですがやっぱり拒否されてしまいました。

査定に出したのと同じ機種の中古がネットショップでは2万円ぐらいの値段が付いていたので、いけるだろうとたかをくくっていたのですダメだったのでちょっとショックでした。
他の業者も当たってみたのですが査定額が千円に満たなければTポイントで支払うとか、引き取れない場合は送料元払いで送り返すとか、いった但し書き等を読んでいくうちに、こんなリスクを犯す必要があるのかという気持ちに変わって行きました。
要は用済みなのを処分したかったのですが、いろんな費用がかさんで大変なのではと思いそれならば、売った方がいいのではないかと思いつき始めたことなのでした。

ところがその前に私は粗大ゴミとして出す場合にどれぐらい費用がかかるのかを、愚かにも全く把握していなかったのです。
おそらく数千円はかかるのではないかと何故か思い込んでいたのですが、ようやく役場へ電話をして尋ねてみたところ100円の粗大ゴミシールを1枚貼って、家の前に出しておくだけでいいということでした。

あまりの安さに暫く空いた口が塞がりませんでしたが、もう買取りは頼まないでも済みそうです。

買い取ってもらう時に気を付けていること。

私はもうプレイしないなと思ったゲームソフトが出来た時によく買い取ってもらう店に買い取りをお願いする事が多いです。
その際に気を付けていることはまず1軒のショップに買い取り価格を聞いた後に必ず複数のショップを回る事です。
理由はゲーム機本体の買い取りであれば価格はどこのショップでもあまり変わらないのですがゲームソフトの買い取り価格は店によって700円~1000円程度差がつくこともあるからです。

ゲームソフトの買い取りだと人気ソフトの発売直後やプレミアがついているソフト以外では買い取り価格はそう高くないためこの700円~1000円の差というのはかなり大きいです。
後は説明書や最近だと購入特典等で封入されているダウンロードコンテンツのコードが記載されている紙を捨てないことです。

以前あるゲームソフトを買い取りに出した時にダウンロードコンテンツの紙を捨てていたために300円買い取り価格が低くなってしまった事があったため使用後のコードでも保管するようにしています。